TIMESLISTが世界中のタイムゾーンに対応

投稿日:
2017年11月15日
最終更新日:
2017年12月4日
カテゴリー:
サービス

TIMESLISTが世界中のタイムゾーンに対応!英語圏で利用可能に!多地点で同時進行する複数プロジェクトに課題管理を。同時に、社会人インターン(多言語翻訳者)を募集します。

「課題管理で、チームの目的達成を支えるオンラインマネジメントツール:TIMESLIST(タイムズリスト)」が、世界中のタイムゾーンに対応し英語圏で利用可能になりました。TIMESLISTは、「ありたい姿」から逆算して一緒に考えるプロジェクトマネジメントの専門家集団:株式会社マネジメント(本社:東京都港区、代表:音羽真東)が、理解・実践しやすく体系化したマネジメント理論を元に研究・開発しています。

※すでにTIMESLISTをご利用済みのユーザー様へ。
 お使いのブラウザにキャッシュ情報が残っている場合、表示崩れが起きる場合があります。
 その際は、ブラウザの再読込(キーボードのボタン[F5]:Windows、[Command]+[R]:Mac)で、表示崩れをご解消ください。

▼実践で使いながら、マネジメントを学べるTIMESLIST
“マネジメント理論”とは、
・個人/組織の様々な活動を、目的と期限の単位でプロジェクト活動として再定義する。
・プロジェクトを、解決できる単位に分解し、分解した単位を課題と定義する。
・プロジェクトの目的は、課題の発見と解決の積み上げによって達成される。
を原理原則として、課題管理を中心に据えることを提唱しています。

マネジメント理論に基づいて、課題管理、TO DO管理、リスク管理を別々に管理できる唯一のTIMESLISTは、期限の厳しいプロジェクト活動だけではなく、目的と期限を伴う組織の定常業務や個人の活動(トレーニングや社会活動含め)を強力にサポートし、同時に課題管理スキルの向上にも貢献します。

所属の異なるメンバーが、一つのユーザーアカウントで複数のプロジェクトに同時に参加できます。
ユーザーは、一つの画面で複数のプロジェクトを横断して課題を新規投稿・コメント・クローズ・検索が管理できる機能に三つの表示画面(タイムライン表示/リスト表示/ガントチャート表示)を備え、課題管理と連動するプロジェクトメンバー間でのチャット機能、プロジェクトの目的・目標・期限の設定をはじめとする各種設定機能、プロジェクト内のチーム管理機能、ファイル管理機能、ダッシュボード機能など、多彩な機能であなたの活動を支えます。
また、ユーザーのタイムゾーン選択機能によって、時差や離れた地域のメンバーとの課題を中心とした円滑なコミュニケーションとプロジェクト推進を可能にします。 

▼主要な機能の紹介:
マルチプロジェクトの同時表示機能では、一つの画面でマルチプロジェクトの課題・TO DO・リスク・共有情報など、参加する複数プロジェクト(プライベートの学習プログラム・料理やスポーツの上達・学校の行事なども含む)の状況を一つの画面内で表示できるため、やるべきことを忘れたり期限に遅れたることを防ぎ、やったことの履歴を残すことができます。個別のプロジェクト毎にそれぞれのメンバーを招待でき、招待していないメンバーから見られることはありません。

3つの表示切替機能では、各ユーザーが課題・TO DO・リスク・共有情報を素早く見つけられるように、時系列を重視したタイムライン表示・一覧性を重視したリスト表示・前後関係や連なりを重視したガントチャート表示の3つの表示切替を用意しています。キーワードによる検索はもちろん、カテゴリ・期限・ステータスなど詳細な検索も可能です。

タイムゾーンの設定機能では、同じ標準時を使う500カ所以上の地域からタイムゾーンを選択し設定することができます。選択した地域の現在時間で使用できます。マルチプロジェクトに同時参加する中で煩雑になる課題管理を、TIMESLISTでは時差を利用した使い方へシフトすることができます。
地球上の色んな場所にいるプロジェクトメンバー同士で、課題を共有し解決を積み上げ、プロジェクトに履歴を残しながらできることを増やしませんか?

▼社会人インターン(多言語翻訳者)募集
(日本語から母国語へ、翻訳ボランティアの募集)ドイツ語、フランス語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語等

TIMESLISTは多言語・多地点で同時に利用できるマネジメント・インフラを提供し、地球上で起きている多くの問題が、多様な人がつながりプロジェクトマネジメントによって解決することを目指しています。

特典1.翻訳を通じて、プロジェクトマネジメント・課題管理・日本語が学べます!
特典2.マネジメント社を通じて日本人の友人が増えます!
特典3.日本で起きている最新情報を知れます!

参加条件
・週に3回程度、1時間~2時間の翻訳作業ができる。
・週に一度は、作業の進捗(体調不良等、休みの場合も)かならず連絡ができる。
・正確なニュアンスを伝えたいため、日本語力が必須。英語力もあれば尚可。
 ※日本人もOK。
・マネジメントを体系的に学びたい方、スキルアップしたい方(無給のため)。
 ※企業研修以上のマネジメント知識の理解と実践が、対価として得られます。

▼TIMESLIST概要
◎サービス名:TIMESLIST-生産性を上げる、課題管理・ツール
◎ジャンル:ビジネス◎提供方法:無料、有料プラン有
◎Androidアプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.timeslist.app
◎iPhoneアプリ : https://itunes.apple.com/jp/app/timeslist/id1130233641
◎Web版URL : https://timeslist.com/

■お問い合わせ先
株式会社マネジメント お問い合わせフォーム
http://mngmnt.co.jp/contact/

---

https://www.einnews.com/pr_news/404525786/timeslist-made-in-japan-an-issue-management-tool-adds-new-features-to-english-version-available-to-europe-and-asia

TIMESLIST (made in Japan) an issue management tool adds new features to English version available to Europe and Asia.

Most important features release ever for TIMESLIST, the issue management tool which supports your multiple projects team across different time zones.

AOYAMA, TOKYO, JAPAN- TIMESLIST, an all in one cloud-based issue management tool researched and developed in Japan since 2013 by Management. Co., ltd. announced today it has added several powerful new features to its latest version originally launched in September 2016. TIMESLIST was previously available only in Japan. The latest version will now be available throughout Europe and Asia for the first time. TIMESLIST is based on management theory. MANAGEMENT Co., Ltd has broken down management theory and newly reconstructed it using the original primary body of knowledge concerning management.

What is management theory ?
– Multiple activities are redefined as projects with goals and deadlines.
– Break down projects into gradual reachable units that are defined as issues.
– Project goals are achieved by identifying and solving each defined issue.

TIMESLIST issue management tool organizes the “big picture” by managing “issue”, “to do (task)” and “risk” categories separately. With TIMESLIST users can support more than just one specific project with a strict deadline. TIMESLIST allows users to manage their organization’s regular tasks with goals and deadlines, along with their personal activities such as training classes, workshops, family commitments, and volunteer activities–all at the same time.
With TIMESLIST all participants are connected all the time, all in one place, to efficiently move project activities forward.

Multiple projects involving numerous participants from several different departments or organizations often run into communication difficulties. TIMESLIST provides a solution to communication obstacles by allowing all project participants to post a new issue, to do (task), risk and comments for any project viewable by all other participants at the same time.
The “search” feature allows users to find any issue easily by project name, status, and team members. There are three display change tabs : Timeline, Issue list and Gantt chart (WBS). Additionally, there are other features such as chat, dashboard, team member planning, and sharing documents.

TIMESLIST facilitates cross-functional coordination and collaboration on issue management and aligns all these processes centrally in one place. Users can also set their own time zones to make it easier to collaborate and work with other team members from a distance.
More powerful and simpler.
In TIMESLIST, once a project is created, the user can invite both internal and external team members to participate. TIMESLIST allows users to see one project or multiple projects all on one page and coordinate issues, tasks, to do, and risk to propel a project (or multiple projects) forward.
Features & Benefits.

Multiple projects on a centralized platform.- Identify high priority issues that need to be addressed quickly. In addition, track the status of all issues and their associated actions all in one place. Users can invite team members to each project and communicate in real time to move the project forward. Privacy is secure because only invited team members can see each project.

Three display change tabs.- TIMESLIST has three main display tabs: Timeline, Issue list, and Gantt chart. These three tabs allow a user to find any issue, to do, risk and shared info quickly and easily. If users need a bird’s eye view of tasks and workflow they can easily get one using Gantt charts.

Time zone setting.- Users can set time zones from more than 500 locations worldwide using the same standard time. TIMESLIST allows users to collaborate with other team members from a distance, no matter where they are located. No problem.
Share and resolve issues with team members anywhere on earth. Increase your productivity with TIMESLIST!

Volunteer translators wanted to translate from Japanese to their languages.
TIMESLIST wants to become available in several other languages so it can be used all around the world to help multiple country’s teams solve various issues by project management.
Benefits of being a volunteer translator:
1. You will learn project management, issue management and Japanese language through translating TIMESLIST to your language.
2. You may make Japanese friends through MANAGEMENT Co., Ltd.,
3. You can learn about, and keep up with, current Japanese culture.
Requirements: 

● Available for translation work 1 – 2 hours a day, three days a week.
● Provide weekly updates on your task progress once a week, and inform us when you are unavailable due to taking a day off or a vacation. 
● Understanding Japanese and English skills are a plus, but not necessary. Bilingual Japanese are welcome.
● This is an unpaid volunteer position. However, you can learn project management at a corporate training program level.

TIMESLIST – Increase your productivity! 
Free version and paid version available now.
Download Web based: https://timeslist.com
Download Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.timeslist.app
Download iphone: https://itunes.apple.com/jp/app/timeslist/id1130233641

CONTACT: https://timeslist.com/WCM0300/contactconf/disp/bs/

MANAGEMENT.のサービスに関するご質問やお問合せがございましたら
こちらからご連絡ください。
費用やお見積りについてもお気軽にご相談ください。