終了しました THINK!2050【テーマ:アメリカ型の社会 or スウェーデン型の社会のどっち?】を開催します

投稿日:
2017年6月22日
最終更新日:
2017年7月28日
カテゴリー:
ワークショップ

今回の合意を目指す議論テーマ:

【テーマ:アメリカ型の社会 or スウェーデン型の社会のどっち?】
※情報提供ゲスト:伊集守直准教授

「Think2050 あなたはどっち?」テーマを設けてみんなでギロン!

 

スウェーデンに駐在研究されていた横浜国立大学の准教授:伊集守直さんをゲストでお招きして、事実に基づいたより詳しい情報を提供いただきます。
高校生・大学生・社会人という多様姓ある参加者で議論します。

選択肢

A案・B案から立場を(仮でもOK)決めて、ご参加ください。

A案:アメリカ型の社会   例:低福祉低負担、経済優先 etc
B案:スウェーデン型の社会 例:高福祉高負担、個人優先 etc
優先させるメリットは何があるか?それぞれ、どういった政策を求めているのか?

(サブイシュー)議論の展開に合わせて、以下も議論する予定です。

サブテーマ
お金優先 or 個人を優先の社会 のどっち?
自己責任 or 責任分散の社会 のどっち?
物質的な豊かさ or 精神的な豊かさ のどっち?

それぞれの立場からの主張を元に、相手を言い負かす(論破)するのではなく、
他人の意見を聞く、自身の考えを話すことを目的として、第3の意見が導き出される可能性も含めて、未合意の合意も含めた多くの合意を目指します。
※多数決、個人攻撃はしません。

facebookによる参加も可能です。

【遠方からのオンライン参加も可能】

オンライン参加では、文字チャットによる質問や意見発信が基本になります。
質問の内容を元に、ファシリテーターが問いかけをして、音声でのやり取りが発生する場合がありますが、音声での不参加は意思表示をすることができます。

参加者には、オンラインMTG参加用のURLを送付します。
PC、スマホのどちらでも参加できます。

——————–

【Think 2050の概要】

Think2050ではあまり議論する場がないテーマについて興味、関心ある方が集まり思う存分テーマについて議論する場を提供いたします。
議論の方法はディベート(論破)ではなく、コンセンサス(合意)を目指した議論の場です。
学校では学べない「合意を目指す”議論”」の練習の場であり、普段課題と思っている事項について自分の考えをぶつける場であり、他人の意見を聞いて学ぶ場になります。

日本の学びは「覚える」「感想文」がメインですが、
ドイツや北欧諸国の学びは「考える」「論文」がメインです。
ドイツは過去の国民が犯した反省を題材に、北欧では個人の学びたいことを尊重する。
ドキュメンタリー映画:マイケルムーアの世界侵略のススメでも紹介されています。
http://sekai-shinryaku.jp/

日本の学校で学んだ「覚える」に加えて、社会人になった今、技術としての「考える」「合意する」を学ぶ機会の一つになることを目指しています。

【開催概要】

19:00~19:30 懇親会
       ※業後のため、遅れてくる方を想定し、アイスブレイクもかねて、先に懇親会を実施します。
19:30~20:00 前提認識合わせ
20:00~20:30 ブレストと論点整理
20:30~21:00 論点毎の議論 ※ここで一旦終了。
21:00~      議論の続き(自由参加)
       ※延長しない場合もあります。

費用:参加費 1200円 ※飲食の実費含む

場所:VACANCY OFFICE(五反田・大崎 徒歩6分、大崎広小路 徒歩1分)
http://www.vacancy.jp/#!access/cf0b

【対話のルール】

  • 個人攻撃・批判はしない。意見への反論を個人攻撃と受け取らない。
  • 多数決はしない。少数意見を尊重し合意形成を目指す。
  • ヘイトスピーチ、ネガティブキャンペーンはしない。

【対話の方法】

  • ディベート(論破)ではなくファシリテーション(合意形成)。
  • 感情と事実を切り分ける。
  • 未合意点にフォーカスする。
  • 反対側の意見を尊重する。
  • 反論はOK。根拠と対案をセットで。
    ※反論が上手く言えない場合は、 “問い”を明確にして聴く。
  • 発言する際には、30秒以内で。
    うまく整理して発言でするのが難しい場合は、発言せず整理してから。

【Think 2050 紹介】

———————————————————————————–

「発言することが一番学びになる。」
「ディベート(論争)から、コンセンサス(合意)へ」
「過去・先進事例から学び、今を考え、未来の暮らしを楽しく描く」

———————————————————————————–

をテーマに、身近なメンバーから始まり 3年間定期的に開催してきました。

普段話す機会がない仕事やビジネス以外の話を中心に、世の中のホットな話題から哲学的な話まで、毎回テーマを絞ってみんなでじっくりとことん話して、聞いて、同時にファシリテーション・スキルも高めよう!という会です。
教育、働き方、恋愛・結婚、医療、災害・エネルギー、戦争・テロ、食と安全、通貨、…などから AI・ロボット・遺伝子、豊かさとは何か?といったテーマまでいろいろ。

せっかくなら未来がよい方向に向かうよう 2050年の未来を見据えて、テーマに対する「合意形成」を目標に、実践的なファシリテーションの場にもなっています。

ファシリテーションに関しては、実際に企業向けのワークショップで教えられている技術をプロのファシリテーターがわかりやすく解説。
2050年、遠いようで近い未来。
今を基点に未来を見るのではなく、未来から逆算して今を見ることで、今やるべきこと・できることが具体的に見えてくるかも!

普段のビジネス活動やプロジェクトに、ソーシャルグッド、ソーシャルビジネス、ソーシャルブランディング、ソーシャルコンセンサスを組み込んで、目的へ設定したい方へおススメです。

 

【ファシリテーター紹介】

音羽 真東(おとわ まさと) 株式会社マネジメント代表取締役
大手外資系IT日本法人やシンクタンク・金融合併システムで1,200人規模の統合プロジェクトマネージャーとして活躍。一方で、参加型のワークショップ・セミナー活動を開始。
併せて大手金融・流通会社やWeb関連企業のIT化や業務改善プロジェクトを並行支援。これまでの知識や経験を活かし、マネジメント理論を研究・知識体系化、会社設立に至る。
さらなるマネジメント理論を研究し続けながら、マネジメントサポートを行っている。

培った理論を元にした解説やWebサービスの提供を実施。

マネジメントによる生産性の向上で、”はたらく”を変えることを社会活動の一部として提供しながら、経済活動と社会活動をつなぐThink!2050を開催している。

【重要事項】

以下、重要事項に同意の上、ご参加ください。
※参加表明いただいた時点で、同意したことになります。

  • Think!2050(以下、本イベント)では、議論の音声を録音します。
    本イベントでは、ZOOM(https://zoom.us/meeting)というWeb会議システムを利用し、実際のディスカッションの音声を録音します。
  • 本イベントで配布した資料、録音した音声など、著作権等の知的財産権はすべて株式会社マネジメントに帰属します。
  • 発言の趣旨などが変わらないように配慮しますが、録音した音声は編集することがあります。
  • 本イベントでは、資料の配信と合わせて、録音した音声を再配布・再販の可能性があります。
  • 本イベント参加したことにより、または、参加者の発言内容により参加者や第三者に何らかの損害が生じたとしても株式会社マネジメント及びその他イベント一行関係者は一切の責任を負いません。
  • 重要事項は事前の告知なく、変更になる場合があります。

【キャンセルについて】

参加申込み後のキャンセルは、出来るだけ事前にご連絡いただきますよう、ご協力よろしくお願いいたします。
連絡なくキャンセルされた場合は、以降のお申込みをお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。

MANAGEMENT.のサービスに関するご質問やお問合せがございましたら
こちらからご連絡ください。
費用やお見積りについてもお気軽にご相談ください。